仕事終わりの

雑記

今年の仕事納めとなった28日、時間が早く終わる事ができて14:00終了!

一年の疲れを癒すために温泉にやってまいりました。

信州飯田の砂払温泉

 

  • 南信州・飯田の砂払温泉は、江戸時代から続く老舗旅館です。
    「美人の湯」と言われる単純アルカリ泉「七色の湯」と、元祖五平餅や鯉の旨煮をはじめとした南信州の郷土料理がご好評頂いております。
    日帰り入浴・各種ご宴会、南信州観光の拠点として、様々な場面でご活用ください。

 

  • 砂払温泉の由来
    「砂払」という屋号は、 その昔、木曽から大平峠を越えてきた旅人が、砂払温泉の「元祖 五平餅」で旅の疲れを癒し、「砂」を「払って」飯田に入ったというところからきております。

砂払温泉自慢の七種類のお風呂「新七色の湯」。 それぞれに違った効果を持つ七つのお風呂で、こころゆくまで天然温泉をお楽しみ下さい。
ご宿泊・日帰り入浴もご利用いただけます。
この砂払温泉の泉質は、天然温泉、「美人の湯」と言われる単純アルカリ泉で、肌がつるつるすべすべとなり、筋肉痛、神経痛、冷え性などに効果的です。男女の浴槽とも十種類のお風呂があり、気楽にくつろげる家庭的な温泉として親しまれております。

  • 浴場営業時間(当分の間)
    11:00~22:00(入浴受付終了21:30)
    サウナのご利用に当たって
    ウイルス感染の危険を避けるため、サウナ室のご利用は同時に5名様までとさせていただきます。また、ご利用の際にはできる限り離れてお座りいただき、室内での会話や発声などは極力お控えください。
    譲り合ってのご利用、ご理解ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。
                     (ホームページより)
  • 料金も一般、平日550円  土、日、祝日600円 と、とてもリーズナブル!
玄関を入ると流石江戸時代から続くと言われるだけあって時代を感じさせる看板が出迎えてくれます。
履き物を下駄箱に入れて入浴券を購入、フロントに渡して殿方は階段を降りていきます。
スーパー銭湯ほど広さはないけど大浴場の中にジェットが出るところや電気風呂があったり、サウナ、水風呂、薬草風呂、露天とかなり充実していました。
薬草風呂は割とぬるめの湯なのですが薬草成分でじわじわ温まりいつまでも入れる感じでした(おすすめ)
お湯はトロトロなお湯で匂いも少し硫黄臭いと思いました、これくらい個性があるお湯の方が温泉って気がします。
久しぶりのサウナに入ってしっかり発汗して、大浴場で足を伸ばしてゆったり湯に浸かるなんて久しくなかったので体の芯まで温まり、本当にリラックスできて気持ちがよかったです。
お店の人にブログに載せたいんですけど?と聞いたら、いいですよ!悪く書かなければ。と言ってもらえました。
悪口書くわけないじゃないですか!こんなにリラックスさせてもらって!
ぜひ皆さんも昔、峠の宿場だったこの砂払温泉で時代を感じながらお風呂に入ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました